お知らせ

横隔膜ストレッチで、気持ちの良い深い呼吸をしましょう!

2018.1.7オフィシャルブログ

今日は、横隔膜ストレッチをご紹介いたします。

 

お正月に運動不足、食べ過ぎ、こたつやソファで悪い姿勢で長時間座っているなどにより、呼吸が浅くなっているのを感じませんか。また、胃が気持ち悪かったり、動悸がすることもあります。

胸やお腹の筋肉が縮んで硬くなっていることが原因の一つです。

 

横隔膜ストレッチで、胸をよく開き、スッキリ解消しましょう!

 

① まず、仰向けになり、今の呼吸を観察してみましょう。

② 左向きに寝て、右膝は曲げて床に付けます。

 

③ 腕を前方に伸ばして掌を重ねます。息を吐きます。

④ 息を吸いながら、右腕を伸ばしたま天井に向かって上げます。

 

 

⑤ さらに腕を後方に開きながら胸を開いていきます。その時に胸が広がるのを感じて息を吐きます。右膝が床から離れないところまで開くことと、顔は自然についていくようにします。

 

⑥ 吸いながら腕を天井に向くところまで戻します

⑦ 吐きながら掌を重ねていきます。

⑧ 以上をゆっくりと10セット行います。

⑨ 終わったら仰向けになり、ゆっくりと呼吸を観察しましょう。

開いた右の胸の方が良く伸び、呼吸が楽になったのを感じます。左右差を感じると思います。

⑩ 反対側も行います

⑪ 終わったら、仰向けになって呼吸を観察しましょう。

 

胸が開いて深い呼吸が促され、スッキリとした気持ち良さを感じることでしょう。

 

ぜひ、お試しください!

 

(岸裏典子)