お知らせ

「加齢ですね!」の本当の意味は?

2018.7.13オフィシャルブログ

この頃、銀座のクラスでも、地元のヨガ教室でも、

膝の痛みが改善して正座もできるようになった方が増えています。

 

 

お医者さんでは
「加齢ですね
と言われたから治らないんです」
と言って来られた方はばかり。

 

でも、
何故痛いのか
どうして動きにくいのか
何故そうなったのか
それぞれ事情は違うので
ゆっくり考察していきます。

 

すると

 

膝の裏がゴリゴリに老廃物が溜まって腫れている方
膝が伸びません

 

膝蓋骨(お皿)の周りの循環が悪くガチガチに固まっている方
曲げ伸ばしの度に筋肉が引っ張られて痛みます

 

前脛骨筋・大腿直筋など、

膝の動きに関係する筋肉が硬直している方
必要な筋肉が伸縮しないので、弱い所が引っ張られて痛みます

 

何故そうなった?

 

冷えた
たくさん歩いた後のメンテナンス不足
事務仕事で座りすぎやむくみ
姿勢が悪い
骨盤底筋のゆるみによる歪み

 

などなど、
実に様々です。

 

「こんなに脚に向き合った事はありますか?」と伺ったら

 

全員N O!

 

痛みは身体の不具合いを
持ち主の貴方に教えてくれている訳だから
ちゃんと話を聞いてあげなければいけません。

 

そして、
そうなった事に対して

 

頑張ってくれてありがとう
痛めてごめんね

 

と、言葉をかけながら
自分自身でマッサージ
ほぐし
ストレッチ
気功やヨーガのポーズを組み合わせていきましょう。
鍛える必要のある場所は鍛えていきます。
甘いものは控えましょう。

 

症状によって対策は違うので
このブログでは詳しく書きませんが
共通して言えることは

 

自分自身の力を信じて
セルフメンテナンスを続けると
きっと結果が出るという事です!

 

脳に
この膝は
「どんどん良くなる」
という事を信じさせましょう!
そして、大切にお世話をしていくと
脳が必要なホルモンを分泌して
良くなる方に向かいます!

 

自分で改善させた方々は皆さん嬉しそう!
自信になります。
内側から輝いてきます!
綺麗になります!

 

「加齢ですね」
と言われたら

 

「華麗ですね!」
って訳しましょう💕

 

 

皆さん一生懸命にメンテナンス中〜〜(^^)

 

 

 

(岸裏典子)