お知らせ

背中の凝りを取る菱形筋ストレッチ

2021.4.17オフィシャルブログ

長時間のPC作業、スマホの使用などで、背中の凝りを感じる方が増えています。

凝りをそのままにしておくと、呼吸が浅くなったり、疲れが取れにくかったりします。

肩甲骨の間にある菱形筋をストレッチすることで、驚くほど背中が軽くなり、呼吸が深く気分もスッキリします。

 

➀両足開脚で、腰を立てて座ります。

足を開いた状態が辛い方は、お尻の下にクッションなどを敷いて高くすると楽になります。

足はたくさん開かなくても、無理のない範囲で大丈夫です。

 

➁左の膝を軽く曲げ、右手で左足の小指側を持ちましょう。左手は、楽な場所に置きます。

 

③左足を前方に伸ばしながら、同時に体を起こして、足と手で引き合うようにします。

 

④その状態のまま、息を吐きながら体を左に回転させていき、ちょうど肩甲骨の間に響くところで止めます。

 

⑤そのまま呼吸を続けながら、肩甲骨の間の菱形筋がゆっくりと伸びていくのを感じましょう。

 

⑥次に、ゆっくりと体を正面に戻し、手を外して、両手を後ろの床に着けてほっとしましょう。

 

⑦その後、肩と肩甲骨をゆったりと動かしておきます。片方の背中がスッと軽くなります。

 

⑧反対側も同じように行いましょう。

 

⑨終わったら、両肩や背中を軽く動かしてみましょう。

頑固な背中の凝りが、スッキリ取れるポーズです。

 

 

★このブログの内容は、有料コンテンツの動画でもご覧いただけます。

有料会員の方はこちらからログインして動画をご覧ください。

 

有料会員についての詳細は、こちらをご覧ください。