お知らせ

骨盤調整のポーズ

2021.1.5オフィシャルブログ

日常の様々な動きや習慣によって、骨盤は左右前後に歪みやすくなります。
放っておくと、筋肉の柔軟性のアンバランスにより、腰痛や股関節痛、膝痛などの誘因になります。
いつでも行っても良いポーズですが、特に帰宅後お風呂あがりなどに、1日の歪みをリセットしておきましょう。

 

①仰向けに寝て、足を腰幅に開きます。

 

②手を骨盤の上に置きます。骨盤の動きを確認する為です。

 

③足のつま先を倒して、甲を伸ばしながら、左右交互に、つま先を遠くに伸ばします。

その際、骨盤が連動して下がる感覚を感じましょう。

 

④左右交互に行います。

 

★ポイント★
・やりにくい方や、骨盤の動きが悪い方を回数多く行ったり、長めに伸ばしたりしてみましょう。
親指側を意識して、小指側から動かないようにしましょう。


膝は軽く伸ばしたまま、膝が曲がらないように気をつけましょう。

骨盤と足先は連動して動きます。

 

⑤次に踵を突き出して行いましょう。
ポイントは同じです。

 

つま先を伸ばすと身体の前面が、踵を突き出すと、身体の背面が伸びます。
その為、骨盤に関わる筋肉に、満遍なくアプローチすることができます。

 

 

★このブログの内容は、有料コンテンツの動画でもご覧いただけます。

有料会員の方はこちらから動画をご覧ください。

 

有料会員についての詳細は、こちらをご覧ください。